ボトックス副作用を知っておこう【基礎知識を徹底解説】

安全に施術を受ける為に

注射

副作用の心配はないか

ボトックス注射はボツリヌス菌が作る成分を注射する事によって、表情筋の動きを止める効果を期待して行います。表情筋自体は顔を動かす為にも必要な筋肉ですが、反面シワを作ってしまう原因となるため、その動きを抑える事は表情しわの改善に繋がると考えられています。その為、実際には額、眉間、目じり等のシワができやすい部位に注射するのが一般的な施術方法です。ただ治療の効果はすぐに出る訳ではなく、実際には注射をしてから5日から6日程度経過してから出てくる仕組みです。その場合、シワが徐々に改善されるだけでなく、もしかしたら何らかの副作用が出てくる可能性は全く無い訳ではありません。しかしこの変化はボトックス副作用とは限らず、他の駐車による副作用の可能性もある事、さらにボトックス副作用自体は1週間から1ヶ月程度で改善するので、ずっと継続されるわけではありません。またそもそも皮膚の浅い所に注射することが多いので、それ程重篤なボトックス副作用を起こす事はまずないと言えます。また、安全に配慮して注射を受ける事によって、より一層ボトックス副作用が起こりにくい環境にする事も十分可能となっています。その一つの方法が、沢山の量のボツリヌス菌を注射しないようにする事で、これによって副作用の起こりうる確率が各段に減って行きます。そもそもボトックス注射はボツリヌス菌が作る成分を注射する物ですが、その成分の量が多くなると体に対しては負担を掛けやすくなってしまいます。これは薬等を規定量よりも多く服用するとどれだけ体に良いと言われている物でも他の作用が出てきてしまう事と同じです。従って、なるべく安全にボトックス注射をする為にも、まずは沢山注射する方がよりシワを改善できるのではないかと言って沢山注射してもらい過ぎないようにすることがポイントです。またシワの部分に直接注射する施術方法となっていますが、肌の浅い部分に注射する方がより副作用が出にくいというメリットがあります。深い所に注射せずにできるだけ浅い所に注射してもらう為には、医師の技術によっても差が出る事は少なくありません。出来るだけ安全にボトックス注射をしてもらい、なるべくボトックス副作用を出さないようにする為には、症例数の多い医師のいる病院で施術を受ける事が基本です。そうすれば過去の経験からより細かな調整をしながら注射してもらう事が出来る為、何も意識していない時よりもより安全にボトックス注射を行ってもらいやすくなるからです。

Top