ボトックス副作用を知っておこう【基礎知識を徹底解説】

表情じわにも負けない肌を

医者

腕の良いドクター選び

手軽な施術で人気を呼んでいるボトックス注射ですが、どの様な注射なのか名前しか知らないという人もいるのではないでしょうか。このボトックス注射のボトックスは、筋肉の動きを鈍くする作用を持っています。その為、筋肉の動きで出び来てしまう表情じわなどの部分にこのボトックス注射を打つことで、表情筋の動きを抑制ししわの出来にくい肌をつくることが出来ます。この筋肉の動きに作用する効果を用いて、他にもエラの改善や足痩せなどにも利用されているでしょう。ぬすそんなボトックス注射ですが、大変効果のあることは分かりましたが、ボトックスの副作用はあるのか気になるところです。ボトックス注射はボツリヌス菌から出来ているので、この時点で副作用が気になる人もいるかもしれませんが、ボツリヌス菌自体をそのままの状態で肌に注入する訳ではないので安心です。そこから抽出したたんぱく質を使用し、また人体に悪影響の無い量を調整しているのでこの部分では安心することが出来るでしょう。もしボトックスを注入することで副作用が出るのであれば問題はその量です。通常クリニックでボトックス注射を受ける場合は、その人に合った注入量をドクターが調整して注入してくれます。しかし、不慣れなドクターや腕が良くないドクターであれば誤った量を注入してしまうことにより、その効果が強く出過ぎてしまう場合もあるでしょう。このボトックス注射の効果が強く出過ぎてしまうと、筋肉に作用しすぎてしまい表情がつくりにくくなり無表情の様に見えてしまう場合もあります。また、額に注入した際に効果が出すぎてしまうと瞼を動かしにくくなったり、眼瞼下垂の状態になってしまったりする場合もあるでしょう。その為、ボトックスによる副作用を少しでも回避する為には、ドクター選びもとても大切になります。美容整形の人気から現在では多くのクリニックを見掛けることが出来る様になりました。大きなクリニックもあれば個人で経営している様な小さなところもあります。どこのクリニックが評判が良いのか、まずは情報収集から始めることをおすすめします。また、施術数やドクターの持っている資格なども参考にすることが大切です。さらにホームページなどしっかりチェックすることで、ある程度そのクリニックでは何が売りなのか知ることが出来るでしょう。やはり売りにしているということは、自信がある施術であり人気の施術ということではないでしょうか。その分経験値も高くなるので、ぜひボトックスによる副作用を少なくする為にもボトックス注射を売りにしているクリニックを選ぶことをおすすめします。

Top